「真田丸」を観て再認識しています

なかなか大河ドラマを観続けることができない自分ですが、今年はここまで楽しく拝見しております。戦国時代の歴史背景についてざっくりした知識しかないため、ドラマを見て「へぇ~そんなんだ」とか、「こんな人だったんだ」なんて、三谷幸喜ワールドにすっかりはまってしまっています。

特に加藤清正というのはこんな乱暴者だったんでしょうか?清正にたいしてはいいイメージが強いので、あれれ?思っていたのと違う!という感じです。自分の歴史の知識は義務教育で習った程度のものです。時代小説は読みませんし、最初に書いた通り、大河ドラマを最後まで観続けたことがないのです。

大河を毎年見ていれば時代背景が被ることもありますし、戦国時代の話になれば秀吉や家康など主要人物は必ずといっていいほど登場してきます。大河ドラマファンは何度も観ていて、ここでこうなってこうなるという知識がある上で観ていると思うんです。ただ、まったく知識がない上で新鮮な気持ちで観るのもありかなと思います。

また、ちょっと面白いのが、半澤直樹ではライバルだった堺雅人さんと片岡愛之助が今後義理の親子になったり、「アイアンマン」の番宣できりと信幸が一緒に並んでいたりすると「大河コンビだ」なんて思ってしまうんです。今後も見つけて一人で喜びたいと思っています。