東京オリンピックへの招致コンサルティング料金について思うこと

リオオリンピック後の東京開催につき、フランス検察より東京オリンピツクを招致をする時に、日本円で2億円の金額が、シンガポール銀行(関係者の者へ振り込まれた)へ日本から振り込まれた事は、誠であるとスポーツ庁は、認めている。このような状況は、現在の日本立場をさらに不信を増幅させることになります。

今回のオリンピツクは、招致、エンブレムのデザインや国立競技場の建設等で、多くの問題を発生させ、膨大な金額(税金)へなることなど、日本の国民へ不安感を植え付けてしまいました。この要因は、何なのか?と考えますと、個々の組織や個人モラルと管理機能等の未熟さを感じると同時に、無責任な体制と感性の薄い所を感じさせます。このような日本にいつからなり始めたのか?心配をすることになりました。

マスコミも単なるニュースと取り上げることでなく、取材力で各マスコミの競争を願うことです。日本の国を世界の中での立場や日本人の特徴を期待外れにさせないことです。そこをきちんと指摘をして、改める勇気を持つこと出来ると考えます。これこそが、日本の武士道精神とスポーツマンシツプを持つ精神構造と考えます。オリンピツクは、メタル数を競うだけでないことです。