同窓会! 蘇る偉大な彼女・・・

2人の息子が社会人となり、同時に今まで頑張って働いてきた職場を退職した。
やっと自由になったと思ったのも束の間、自由というほど苦しいものはない。主婦業と言っても夫と2人分だけの洗濯、食事・・掃除も子供たちがいたほど、汚れない。
何よりも夫が帰ってくるまで一人。仕事を辞めた事をどれほど後悔したことか。
そんな時、高校の友人から同窓会の知らせが来た。今回は当番学年との事で、11クラスあった私たちの同級生が、ホテルを借り切って盛大に執り行われる。

進学校、女子校、おまけに浄土真宗の高校、市内ではいわゆるお嬢様高校と言われていたが、その中身は違う。みんな正しい良識は持っているものの、コミカルな連中ばかりだ。
思い切って出席することにした。

当日は、友人とおそる、おそる会場へ・・・エレベーターが開くと私の名前を呼ぶ複数のおばさんの声がした。
シワ、たるみはあるけれど、その誰もが見覚えのある顔だ。
子供の話、旦那の話、仕事の話・・

苦労して医者になった、看護大学の准教授、日本を代表する心理カウンセラー、教師、
主婦になった連中も銀行マンや製薬会社の旦那を見つけている様子。しかし、あの辛い受験戦争の合間に他愛もない事で笑った声はあのころのまま・・・

知らぬ間にタイムスリップして時が止まった。
私たちには偉大な人物に会ったという共通点がある。31年前、17歳の私たちはその方にお会いして、人生が変わったと言っても過言ではない。

もちろん話題はその時の事に飛火する。
インドのカルカッタで、何人もの貧しい人、病に伏す人の為に全てを捧げた。ノーベル平和賞をもらった方・・・
                  「マザーテレサ女史」

小さくて 顔が真っ黒で しわくちゃで でも確かに普通の人とは違うと 私たちは感じていた。
更に驚いた事がある。これは最近知った事であるが、テレサの通訳にきていた黒服のシスターは。「おかれた場所で咲きなさい」の著書の渡辺和子先生だったのだ。

友人達の話を聞いて、私は思う。人を慈しみ、思いやる心、今の社会に欠けている事。そんな温かいやさしさを友人達は持っていた。
共通の最大の経験。
テレサの生涯は、足元にも及ばないけれど、その心は引き継がれていくに違いない。

東京オリンピックへの招致コンサルティング料金について思うこと

リオオリンピック後の東京開催につき、フランス検察より東京オリンピツクを招致をする時に、日本円で2億円の金額が、シンガポール銀行(関係者の者へ振り込まれた)へ日本から振り込まれた事は、誠であるとスポーツ庁は、認めている。このような状況は、現在の日本立場をさらに不信を増幅させることになります。

今回のオリンピツクは、招致、エンブレムのデザインや国立競技場の建設等で、多くの問題を発生させ、膨大な金額(税金)へなることなど、日本の国民へ不安感を植え付けてしまいました。この要因は、何なのか?と考えますと、個々の組織や個人モラルと管理機能等の未熟さを感じると同時に、無責任な体制と感性の薄い所を感じさせます。このような日本にいつからなり始めたのか?心配をすることになりました。

マスコミも単なるニュースと取り上げることでなく、取材力で各マスコミの競争を願うことです。日本の国を世界の中での立場や日本人の特徴を期待外れにさせないことです。そこをきちんと指摘をして、改める勇気を持つこと出来ると考えます。これこそが、日本の武士道精神とスポーツマンシツプを持つ精神構造と考えます。オリンピツクは、メタル数を競うだけでないことです。

久しぶりに名古屋に来ました。

ここのところ、世間巷ではゴールデンウィークと言うこともあり外出を控えてました。
今日は何故、名古屋市に?
と言いますのはお仕事の関係でございます。

あまり乗り気ではなかったんですが、業務命令と言うこともあり、ちょっと名古屋市へ出掛けています。
名古屋に来てまず、慣れないのは地下鉄。
実に人が多いです。一体、何人もの人達が地下鉄を使っているのでしょうか?
朝のダイアルだけでも5分おきに電車は来ます。
電車の中はもちろん、満員。

一つの車両で100人位は乗っていたでしょうか…。
ちなみに運賃は最低でも170円。
掛け算したら電車の車両1両につき、17000円。
車両は大体6両だから1本の電車につき約10万円。
それを約5分おきに出したら1時間で120万円。
朝のラッシュは約3時間としても約360万円。

1週間のうち、5日はビジネスマンが動く訳ですから名古屋の地下鉄は月~金曜日の朝だけでも2000万円近く儲かる訳です。
もちろん、運転手さんや車掌さんや駅員さんは大混雑の中、大変なんですが…。
名古屋と言う町には朝からこんなに大きな金額が動いているんだな~ってしみじみと実感した朝でした。

でも朝だけでなく、夕方にもラッシュがあります。
夕方も同様に考えたら週5日で約2000万円。
良い商売してますなぁ、なんて感じた朝でした。

自転車を買いました

最近、自転車を買いました。ブリヂストンの黒のモデル、シューマッハブリ男です。お値段約4万円弱の彼とは、近所のサイクルショップで運命的な出会いをしました。

自転車の知識がない私が入り口に一番近い自転車を一目で選んだのも、運命的だと思えば運命的なのです。
 自転車に乗るのは久しぶりで、買ってから最初のうちは車道から歩道への段差で転んだり、風に煽られて電信柱にぶつかりそうになったりと、なかなかこのシューマッハブリ男と仲良くなれない毎日でした。

脇腹や脛、太腿などを何度もえぐり、外側からダイエットをしているようでもありました。測ってみましたが、体重は減っていませんでした。むしろ増えていました。残念です。

 シューマッハブリ男にはいつも迷惑をかけています。下り坂になるたび私のリサイタルが開かれるので、彼は聞き役に徹さねばならないのです。ひどく調子っぱずれなゆずの「夏色」が流れようと、ほとんど歌詞を覚えていなくて鼻歌になるポルノグラフィティの「カルマの坂」が流れようと、タイヤを回し続けてくれる彼はきっと包容力が高いのでしょう。

サドルも最初に比べると心なしか柔らかくなっている気がします。
 彼とは毎日いろいろな場所に行きます。コンビニ、スーパー、他にも近いところであればどこへでもふたりで行きます。私はそろそろ、結婚を考えているのですが、オーケーしてくれるでしょうか。今度切り出そうと思います。楽しみです。

「真田丸」を観て再認識しています

なかなか大河ドラマを観続けることができない自分ですが、今年はここまで楽しく拝見しております。戦国時代の歴史背景についてざっくりした知識しかないため、ドラマを見て「へぇ~そんなんだ」とか、「こんな人だったんだ」なんて、三谷幸喜ワールドにすっかりはまってしまっています。

特に加藤清正というのはこんな乱暴者だったんでしょうか?清正にたいしてはいいイメージが強いので、あれれ?思っていたのと違う!という感じです。自分の歴史の知識は義務教育で習った程度のものです。時代小説は読みませんし、最初に書いた通り、大河ドラマを最後まで観続けたことがないのです。

大河を毎年見ていれば時代背景が被ることもありますし、戦国時代の話になれば秀吉や家康など主要人物は必ずといっていいほど登場してきます。大河ドラマファンは何度も観ていて、ここでこうなってこうなるという知識がある上で観ていると思うんです。ただ、まったく知識がない上で新鮮な気持ちで観るのもありかなと思います。

また、ちょっと面白いのが、半澤直樹ではライバルだった堺雅人さんと片岡愛之助が今後義理の親子になったり、「アイアンマン」の番宣できりと信幸が一緒に並んでいたりすると「大河コンビだ」なんて思ってしまうんです。今後も見つけて一人で喜びたいと思っています。

小型カメラ・隠しカメラ・スパイカメラのご紹介